日本 書 紀 原文。 日本書紀

日本書紀/卷第一

」於是、日神共素戔嗚尊、相對而立誓曰「若汝心明淨、不有凌奪之意者、汝所生兒、必當男矣。 冬十月己亥朔辛丑、從和珥津發之。 時、大田姬皇女産女焉、仍名是女曰大伯皇女。 丁亥、風起天寒。 失われた部分が多かったため、発見の待望から近世期には偽書まで作られた。 保食神、此云宇氣母知能加微。 望死之後、勿使勞人。

>

日本 書 紀 現代 語 訳 pdf

顧謂大臣曰、興志請、自直進逆拒來軍。 」對曰「吾欲從母於根國、只爲泣耳。 采新式标点、横排繁体。 癸酉、太子至自角鹿、是日皇太后、宴太子於大殿。 辛巳、微雨。 遂到出雲之清地焉。

>

日本書紀 巻第二十四 皇極天皇紀

田一町絹一丈、四町成匹。 便因看往來船。 呼大臣家曰上宮門、入鹿家曰谷宮門。 内容 [ ] 『続日本紀』の後をうけて、の治世の途中から、、嵯峨天皇、淳和天皇の治世を記す。 それを確認するために重要な指針が「地群の倭習入り文章は天群からの借用である」である。 是時、素戔鳴尊、自天而降到於出雲國簸之川上。

>

日本書紀 巻第九 神功皇后紀

以收數田、均給於民、勿生彼我。 此今在石上也。 然後素戔鳴尊居熊成峯。 ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 豈可舉兵以距乎。

>

日本書紀

瑞、此云彌圖。 足仲彥天皇二年、立爲皇后、幼而聰明叡智、貌容壯麗。 我復見汝情。 。 亦稚日女尊誨之曰「吾欲居活田長峽國。 以所持梭傷體而神退矣。 甲午、饗蝦夷於朝。

>

日本 書 紀 現代 語 訳 pdf

凡三女神。 汝、以汝所持八坂瓊之曲玉、可以授予矣。 乙亥、霜傷草木花葉。 事既不祥、宜以改旋。 赤ラインの部分が問題の記述です。 荒魂、此云阿邏瀰多摩。 於是二神、立於天上浮橋、投戈求地。

>