ホルスト の 惑星。 ホルスト:組曲「惑星」は本当はアヴァンギャルドな曲だったのだ

ホルスト 惑星 | おすすめ!名盤レビュー

太陽系に最も近い隣の星はプロキシマケンタウリと呼ばれる星系です。 各地の民謡や東洋的な題材を用いた作品、また、などでも知られる。 トロンボーンは伸びやかさがありません。 スタジオ録音のコストの問題もあったのでしょうが・・・・・・。 そして第3部では、最初の3つの主題が中心となって転調が巧妙に繰り返され、最後はフォルテッシモによる力強いコーダで曲が結ばれます。

>

ホルストの惑星聞き比べ室

重量感と深みのあるコントラバス。 多彩な才能の持ち主だった彼は生涯に、ピアニスト、トロンボーン奏者、合唱指揮者、音楽教師、民族音楽研究家に加え、サンスクリット語にも精通していた。 ・・・と書いていたのだ。 - 「(World in Union)」の題で「木星」中間部が歌われる。 しかし、によるシンセサイザー版『』が許可されて以降、この制約は絶対的なものではなくなっていく。

>

グスターヴ・ホルスト

ホントに、これガーディナーが振っているのか?と、思わず、レーベルの印刷を確かめたほど で、「古楽器」演奏者というイメージだった、ガーディナーさんのイメージが変わったかも。 と思ってしまうところもあり。 デュトワならなおさらです。 もやもやする低域がないので、とても聞きやすいです。 - 発売一覧• とても早口で、パパパ パンパンを繰り返して行く。

>

ホルスト:組曲「惑星」名盤試聴記

息の長いフレーズ。 テンポの動きや独特の表現もあります。 ちょっと、淡泊すぎるほどで、あっけない感じを受けます。 頂点になってもトランペットよりもホルンの方が強力です。 -木星が舞台の本作で全ステージクリア後のスタッフロールにおいて「木星」が使われている。 占星術では火星と金星の間を駆け回るメッセンジャーの役割だそうです。 これはほぼすべて氷の粒です。

>

ホルストの組曲「惑星」(木星ジュピターなど)の解説と名盤

今日のようにマルチ・トラック録音ができるパソコン1台があれば! こうして2日間をフルに用いたオーケストラ録音が嵐のように修了した。 そして、持ち帰り、プレーヤーで再生して、楽しんできました。 特に「木星」が素晴らしく、中間部の有名なメロディもエルガーを思い起こさせるようなイギリス風な演奏です。 もっと、ピシッっと叩けえぇ~(怒) 海王星は、影の薄い演奏で、消えそう~って感じでした。 【グスターヴ・ホルスト(1874-1934) Gustav Holst】• 少し腰高ですが、明快にオケを鳴らして鮮やかな色彩感です。 不思議な点が多々ある。

>

ホルスト:組曲「惑星」は本当はアヴァンギャルドな曲だったのだ

コル・レーニョはほとんど聞えません。 テンポは速めですが、表現はこってりとしています。 - 「火星」が軍議のテーマに使われている。 木星・土星 17:26• ボリュームをあげにいかないと聞こえないほど、かなり弱音 だが、弦の響きが、大変美しい。 水星、速いテンポで活発に動き回る子供のような表現で愛らしい。 天王星、冒頭はちょっと切れがないか?この曲にしてはちょっと重いような気が私にはします。

>